メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

菅官房長官、レバノンへのゴーン被告引き渡し請求に慎重姿勢 「事実究明に協力求める」

今年初めての閣議を終えて記者会見する菅義偉官房長官=首相官邸で2020年1月7日午後0時2分、川田雅浩撮影

 菅義偉官房長官は7日の記者会見で、日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告がレバノンに逃亡した事件で、レバノンに対する身柄引き渡し請求に関連し「一般論として、逃亡犯罪人の引き渡し請求は、相互主義の保証を求められた場合の対応や相手国の国内法制度について慎重に検討する必要がある」と述べ、当面は請求を控え…

この記事は有料記事です。

残り161文字(全文311文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  2. 麻生財務相 臨時休校中の学童保育負担「つまんないこと」 新型肺炎対策

  3. 名古屋・河村市長「柔軟に考えたらどうか」 一転して卒業式「中止」から実施へ

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 金沢市長、新型肺炎対策での休校「2日からは考えていない」「時間がない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです