メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボルトン氏、弾劾裁判の証言に前向き トランプ大統領に不利か

ジョン・ボルトン氏=AP

 トランプ米大統領のウクライナ疑惑に関する上院での弾劾裁判で、ボルトン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は6日、上院から召喚状が出れば証言するとの声明を発表した。ボルトン氏は、トランプ氏が政敵のバイデン前副大統領の捜査を求めウクライナに圧力をかけた経緯について批判的だったとみられており、実現すれば大統領に不利な証言が出てくる可能性がある。

 ボルトン氏は声明で、「市民としての義務と前大統領補佐官としての義務を果たすべく努力してきた」と明かし、下院から証言を求められた一方、トランプ氏が下院への協力を拒否するよう求めたことから対応に苦慮したことを強調。そのうえで、「熟慮と(法的な)検証の結果、上院から召喚状が出れば証言すると決断した」と表明した。

この記事は有料記事です。

残り169文字(全文495文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 智弁和歌山アベック優勝 女子は初の栄冠 高校駅伝予選

  2. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  3. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  4. ORICON NEWS 金田朋子「娘が笑えば何でもよい」子育て動画が88万再生 ポジティブを"貫く"子育て論

  5. 男子は九州学院、女子は千原台が優勝 高校駅伝・熊本予選

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです