メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

4月25日は「失語症の日」に 「見えない障害」まずは知って

失語症の日制定委員会ホームページより

[PR]

 4(し)2(ツー)5(ご)で、4月25日は「失語症の日」--。脳卒中や外傷などで脳の言語中枢が損傷されて起きる失語症について知ってもらおうと、今年、記念日が認定された。申請したNPO法人日本失語症協議会(東京都杉並区)は「困難に遭っている当事者が、社会参加を進めるきっかけになってほしい」と期待している。

 失語症は言いたいことを話す、聞いて理解する、文字を正しく読む、書く、計算するといったことが困難になるコミュニケーションの障害だ。全国に50万人以上がいると推定される。外見からわかりにくい「見えない障害」のために誤解を受けやすく、復帰した職場などでも苦労するケースが多いという。

 同協議会によると、当事者に対して簡潔に話す、要点を書いて確認しながら伝える、写真や地図を活用する――などの工夫があれば意思疎通がしやすくなるといい、周囲の人たちのサポートを訴える。また、ひとりひとり症状や状態は大きく違い、「何に困っているか、どうしてほしいか」を表すこと自体も難しい場合があることを理解してほしいという。

 記念日登録後、初めて迎える今年の4月25日には、東京と大阪でイベントを開き、講演などで失語症についての知識を啓発する。今後は、当事者や支援団体、言語のリハビリに当たる専門職の言語聴覚士などと連携し、「失語症の日」を広く周知することを目指している。

 認定を行う「日本記念日協会」に支払う登録料をクラウドファンディング(https://camp-fire.jp/projects/view/219680)で集めたところ、目標を大きく上回る額が寄せられた。10日まで募り、余剰分はイベント資金に充てる。【岡本同世】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 拙攻に走塁ミス…パナソニック監督「野球の怖さ出た」 四国銀行に敗れ 都市対抗

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです