19歳3人が大分、福岡で相次ぎ交通事故死

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
パトカーの赤色灯=曽根田和久撮影
パトカーの赤色灯=曽根田和久撮影

 7日未明、大分県別府市で起きた単独事故で19歳の男子大学生2人が死亡し、福岡県香春(かわら)町ではトレーラーとの衝突事故で19歳の男性会社員が死亡した。亡くなった3人のうち1人は今月成人式を迎える予定だった。

 7日午前2時5分ごろ、大分県別府市上人南の市道で、同市上田の湯町の大学生、神徳昭成さん(19)が運転する乗用車が、道路脇にあった飲料水の自動販売機に衝突した。車は衝撃で横転して大破した。神徳さんは全身を強く打ち、同乗していた同市上人ケ浜町の大学生、七竹秀燦(ひであき)さ…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文604文字)

あわせて読みたい

注目の特集