メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゴーン被告の逃亡を導いた2人の男は誰だったのか 周到な計画のなぞ

ゴーン前会長の逃亡経路

 保釈中にレバノンに逃亡した日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(65)の逃亡経路が、防犯カメラの捜査などからほぼ明らかになった。だが、行動が監視される保釈条件の下、どのように外部の関係者と計画を練り、そして空港の検査をくぐり抜けたのか、疑問は残る。

監視カメラのリレーで浮かび上がった逃亡の足取り

 ゴーン前会長が国内から脱出したルートは、東京地検と警視庁の捜査で明らかになりつつある。浮かんできたのは、前会長の逃走を手助けした米国籍とみられる男2人の存在だ。

 地検から協力を求められた警視庁は、前会長の自宅周辺など各所に設置された防犯カメラに映った前会長の映像をたどっていく「リレー方式」で逃走経路を割り出した。

この記事は有料記事です。

残り2502文字(全文2809文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都内勤務の千葉県40代男性の感染を確認 症状出た後に広島、岐阜に出張

  2. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  3. 和歌山・有田病院 職員87人を新たに検査、全員が陰性 新型コロナウイルス

  4. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  5. テセウスの船 第6話“衝撃ラスト”に視聴者「ビックリ!」「気持ちの整理が…」(ネタバレあり)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです