特集

ゴーン被告逃亡

日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告が2019年にレバノンに逃亡。なぜ逃亡できたのか。今後の裁判の行方は。

特集一覧

ゴーン被告の逃亡を導いた2人の男は誰だったのか 周到な計画のなぞ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ゴーン前会長の逃亡経路
ゴーン前会長の逃亡経路

 保釈中にレバノンに逃亡した日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(65)の逃亡経路が、防犯カメラの捜査などからほぼ明らかになった。だが、行動が監視される保釈条件の下、どのように外部の関係者と計画を練り、そして空港の検査をくぐり抜けたのか、疑問は残る。

監視カメラのリレーで浮かび上がった逃亡の足取り

 ゴーン前会長が国内から脱出したルートは、東京地検と警視庁の捜査で明らかになりつつある。浮かんできたのは、前会長の逃走を手助けした米国籍とみられる男2人の存在だ。

 地検から協力を求められた警視庁は、前会長の自宅周辺など各所に設置された防犯カメラに映った前会長の映像をたどっていく「リレー方式」で逃走経路を割り出した。

この記事は有料記事です。

残り2502文字(全文2809文字)

【ゴーン被告逃亡】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集