メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「桜を見る会」の業者入札と打ち合わせは「同じ部署」と内閣府 野党、癒着批判

「桜を見る会」の参加者と握手をして回る安倍晋三首相(左)=東京都新宿区の新宿御苑で2019年4月13日(代表撮影)

 安倍晋三首相主催の「桜を見る会」を巡り、内閣府は7日、飲食物の提供業者らと入札公告前の2019年1月に打ち合わせをしていた問題で、打ち合わせと入札は同じ部署が担当していたことを明らかにした。担当者は「(入札の)選考委員には(打ち合わせに)出席した者は入っていない」と釈明したが、野党側は入札の公平性が疑われるとして批判している。

 内閣府は7日の立憲民主党など野党の追及本部の会合で、打ち合わせでは、入札に関する情報は業者側に伝えておらず、前年の飲食物の分量や行列の有無、混雑緩和や動線確保などの「改善点」を聞いたと説明。「話し合いの場所で、方向性を決める場ではない。不適切だとは思っていない」と強調した。打ち合わせをいつから行っているかは「把握していない」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り199文字(全文533文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  2. 京アニ放火殺人事件 逮捕された青葉容疑者「ガソリンなら多く殺害できる」

  3. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  4. 「コロナ緊急対策予算」これだけの不要不急 (上)その事業、いま必要? 不要不急な政府「緊急経済対策」の実態 新型コロナ

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです