「美帆は一生懸命生きた」 相模原殺傷事件 美帆さんの遺族手記全文

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
中学1年の時の美帆さん。出掛けた時に撮影された写真で、200人ほどが参列した葬儀の際に遺影で使った=遺族提供
中学1年の時の美帆さん。出掛けた時に撮影された写真で、200人ほどが参列した葬儀の際に遺影で使った=遺族提供

 相模原殺傷事件で犠牲になった女性(当時19歳)の母親が娘の名前を「美帆」と公表し、思いをつづった手記を公表した。全文は以下の通り。

 大好きだった娘に会えなくなって3年が経(た)ちました。時間が経つほどに会いたい思いは強くなるばかりです。会いたくて会いたくて仕方ありません。本当に笑顔が素敵でかわいくてしかたがない自慢の娘でした。アンパンマン、トーマス、ミッフィー、ピングー等のキャラクターが大好きでした。

 音楽も好きでよく“いきものがかり”を聞いていました。特に“じょいふる”が好きでポッキーのCMで流れるとリビングの決まった場所でノリノリで踊っていたのが今でも目に浮かびます。電車が好きで電車の絵本を持ってきては指さして「名前を言って」という要求をしていました。よく指さしていたのは特急スぺーシアと京浜東北線でした。ジブリのビデオを見るのも好きでした。特にお気に入りは魔女の宅急便と天空の城ラピュタ。他…

この記事は有料記事です。

残り1187文字(全文1590文字)

あわせて読みたい

注目の特集