メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2020に懸ける

より速くより高度に「人間は成長する」 金メダルに挑むフェアリージャパン

東京五輪に向けて、新しい演技に取り組むフェアリージャパンPOLA=東京都北区で2020年1月6日午後3時9分、円谷美晶撮影

 昨年9月の世界選手権(バクー)では五輪種目の団体総合で44年ぶりの銀メダルを獲得。五輪で実施されない種目別でもボールで団体初の金に輝いた。新体操団体の日本代表「フェアリー(妖精)ジャパンPOLA」が6日、東京都北区の国立スポーツ科学センター(JISS)で、五輪イヤーの厳しい練習をスタート。主将の杉本早裕吏(23)=トヨタ自動車=は「常にエネルギーを出して前向きに練習に取り組み、東京五輪で金メダルを獲得します」と宣言した。

 「ここ(練習場)に来て、2020年が始まったと実感した。東京五輪に向けてさらに強くなりたいと思った…

この記事は有料記事です。

残り889文字(全文1152文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  2. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  3. パチンコで4人の子放置の疑い、両親逮捕 3カ月の三男は留守中に死亡 兵庫県警

  4. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです