特集

川井梨紗子(レスリング)|東京オリンピック

五輪4連覇の伊調馨との激闘をくぐり抜けた新日本のエース。妹友香子と悲願のW金メダルを目指す

特集一覧

2020に懸ける

「一緒に代表、互いに支え」絆で目指す二つの金メダル レスリング川井姉妹

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
姉妹で金メダルを目指す姉の川井梨紗子(右)と妹友香子=愛知県大府市の至学館大で2020年1月6日午後6時35分、倉沢仁志撮影
姉妹で金メダルを目指す姉の川井梨紗子(右)と妹友香子=愛知県大府市の至学館大で2020年1月6日午後6時35分、倉沢仁志撮影

 東京五輪代表のレスリング女子57キロ級・川井梨紗子(25)=ジャパンビバレッジ、妹で62キロ級の友香子(22)=至学館大=が6日、そろって母校の至学館大で練習に臨んだ。姉妹での五輪出場は、2004年アテネ五輪、08年北京五輪でいずれも銀メダルの姉・伊調千春(38)、金メダルの妹・馨(35)=ALSOK=以来。姉妹で金メダル獲得の偉業達成に向け、川井姉妹はレベルアップに余念がない。

 年越し合宿で五輪イヤーを迎えた2人。梨紗子が「その合宿をすることで、五輪が来るんだと感じられた。緊張感を持つことができた」と言えば、友香子もこう気持ちを改めた。「初めての年越し合宿。代表の実感を持つことができた」

この記事は有料記事です。

残り1288文字(全文1587文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集