特集

第100回全国高校ラグビー

第100回全国高校ラグビー大会の特集ページです。

特集一覧

桐蔭学園が初の単独V 御所実破り9大会ぶり2回目 全国高校ラグビー

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【桐蔭学園-御所実】優勝し喜ぶ桐蔭学園の選手たち=東大阪市花園ラグビー場で2020年1月7日、幾島健太郎撮影
【桐蔭学園-御所実】優勝し喜ぶ桐蔭学園の選手たち=東大阪市花園ラグビー場で2020年1月7日、幾島健太郎撮影

 第99回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)は最終日の7日、東大阪市花園ラグビー場で決勝が行われ、桐蔭学園(神奈川)が御所実(奈良)を23―14で破り、9大会ぶり2回目の優勝を果たした。前回大会に続く7回目の決勝進出。第90回大会(2010年度)の初制覇は東福岡との引き分け両校優勝で、単独では初めての頂点となった。東日本勢、神奈川県勢の優勝も90回大会の桐蔭学園以来。

 5大会連続18回目の出場だったAシードの桐蔭学園はFW、バックスともに攻守に穴のない布陣で初戦の2回戦から順調に勝ち上がった。19年春の全国高校選抜大会、同年夏の全国高校7人制大会との「高校3冠」を初めて達成した。【長宗拓弥】

この記事は有料記事です。

残り417文字(全文746文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集