メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消えない傷

今苦しんでいるあなたへ 山田不二子さん「ゆうきをふるって、おはなしして」

NPO法人チャイルドファーストジャパン理事長の山田不二子さん=神奈川県伊勢原市で、鈴木敦子撮影

こどもたちへ

 あなたはつぎのようなことをされたりしたことはありませんか?

・おっぱいや、オシッコのでるところとかそのちかく、ウンチのでるところをさわられた。

・オシッコのでるところのちかくやウンチのでるところに、ゆびとか、なにかをいれられた。

・ひとのはだかがうつっているしゃしんやビデオ、オシッコやウンチのでるところあたりがうつっているしゃしんやビデオをみせられた。

・あなたのはだかやオシッコのでるところ、ウンチのでるところをしゃしんやビデオでとられた。

 うえのようなことがあったら、はずかしくておはなししづらいかもしれないけれど、そういうことがあなたにおこったのは、あなたのせいではありません。ゆうきをふるって、しんらいするおとなのひとにおはなししてください。

 「いや」といわなかったことをくやんでいるかもしれませんね。でも、こどもがおとなやじぶんよりおおきいひとにたいして「いや」ということはとてもむずかしいことです。できなくても、はずかしいとおもうひつようはありません。

 「だれかにおはなししたい」とおもっているけれど、そのひとからなんていわれるのかがこわくておはなしできないのかもしれません。ざんねんなことですが、ときにおとなは、こどもからのエスオーエスをききのがすことがあります。

 わたしは、このあとに、おとなにむけたメッセージをかきます。それをコピーして、あなたがおはなししようとおもっているひとによんでもらうとよいでしょう。ぜひ、つかってくださいね。

 それから、もうひとつしっておいてほしいことがあります。にほんには、こどもたちをまもるおしごとをしているせんもんのひとたちがいます。そして、あなたがおはなししたおとなのひとは、そのこどもをまもるおしごとをしているひとに、あなたからきいたおはなしをおつたえするきまりになっています。ひみつはまもってほしいとおもうかもしれませんね。もちろん、あなたがほかのひとにしってほしくないことをだれかれかまわず、ひろめたりはしません。

 でもね、おとなはこどもたちをまもるためにチームになって、はたらくことがたいせつなのです。どうしたら、あなたをしっかりまもれるか、そのチームがかんがえてくれます。そのことをぜひ、おぼえておいてください。

学校・幼稚園・保育園・医療機関の先生たちへ

 上記のメッセージを読んだ子どもたちが先生に、顔見知りの大人から受けた性虐待や、お友だちや見知らぬ人から受けた性被害を打ち明けてくれるかもしれません。そのときは、以下の「してはいけないこと」を念頭に置いて、そのお子さんのお話を聞いてあげてください。

 なお、これは、RI…

この記事は有料記事です。

残り2895文字(全文3991文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです