メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

氷点下、輝くたてがみ ばんえい競馬・朝調教 北海道・帯広

馬の吐息や体からの蒸気が幻想的に光るばんえい競馬の朝調教=北海道帯広市で2019年12月29日、貝塚太一撮影

 北海道帯広市の帯広競馬場で、ばんえい競馬に出場する約600頭のばん馬の調教が夜明け前から毎日行われている。氷点下10度を下回ることがある冬季は、日の出の時刻になると馬の体から出る汗や吐息の蒸気が辺りを包み、オレンジ色の幻想的な光景が見られる。

 ばん馬はサラブレッドの2倍の1トン前後の重種馬。世界で…

この記事は有料記事です。

残り75文字(全文225文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  3. 大津・園児死傷事故 判決延期 弁護側、争う姿勢

  4. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  5. 「嘘ばかり。絶対許せない」 園児死傷事故、突然の判決延期に憤る家族

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです