メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

情報公開と説明責任の原点=与良正男

与良正男専門編集委員=内藤絵美撮影

 「説明責任」という言葉が日本の政治で日常的に使われ始めたのは、情報公開法成立(1999年)の数年前からだった。

 政府の審議会が96年にまとめた同法の要綱案には既に「政府は諸活動について説明責任(アカウンタビリティー)を負う」とある。「説明責任を果たす」と「情報を公開する」は連動していたのだ。 当時、よく引用されたのは論語の「由(よ)らしむべし知らしむべからず」との一節だ。転じて為政者は民を従わせればよく、その道理を民に分からせる必要はない、との意味。そんな「お任せ政治」を変えようという機運があった。

 20年以上もたってこんな話を書くのが悲しい。安倍晋三首相は本気で「由らしむべし」の政治が良いと考えているのではないか。

 何か不祥事があると「それぞれが説明責任を果たすべきだ」と口にするが、毎回、言いっぱなし。その場しのぎの口実になっている。説明責任などと言う以前に、要するに説明ができないのだ。

 政府の情報公開は当然、公文書の保存が大前提となる。ところがその公文書を勝手に捨て、改ざんまでするのが今の政権だ。

 「桜を見る会」もそう。しかも首相は1日放送された民放インタビューで、招待者名簿を早々に廃棄したとしている点について「個人情報だから残っていると流出する危険性がある」と語った。

 これも2003年の個人情報保護法成立前から「個人情報保護を理由に、政府の情報が隠される恐れがある」と指摘されていた。その懸念が現実になっている。

 首相や妻昭恵氏が個人的に利用した疑いが濃い今回の名簿が「表に出ては都合が悪い」と考えたから廃棄したと言っているに違いないと多くの人は見…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文935文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ変異株、東京の40代男性が感染 10代未満女児の濃厚接触者

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  4. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです