メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

豊穣な響き届ける 群響20年度プログラム発表 /群馬

有希マヌエラ・ヤンケさん(c)井村重人

 群馬交響楽団は、2020年度定期演奏会のプログラムを発表した。今年度に引き続き、年間のテーマは設けず、指揮者の得意な、一番ふさわしい曲を選んだという。ミュージック・アドバイザーを務める“炎の指揮者”小林研一郎さんは「新しいホールが完成し、オーケストラの豊穣(ほうじょう)な響きを、さらにたくさんのお客様に届けたい。管弦楽から紡ぎ出される色彩を楽しめるプログラムとなった」とコメントした。

 今年で生誕250周年となるベートーベンの3作品がプログラムに入れられた。小林さんが指揮する7月は、…

この記事は有料記事です。

残り1471文字(全文1715文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  2. パチンコで4人の子放置の疑い、両親逮捕 3カ月の三男は留守中に死亡 兵庫県警

  3. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  4. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  5. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです