メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

七草がゆ、おいし~い 小学生ら70人が味体験 狭山 /埼玉

配られた七草がゆを楽しむ子どもたち=埼玉県狭山市中央児童館で

正月・子年の縁起物、風習を知る

 七草がゆを食べて1年の無病息災と五穀豊穣(ほうじょう)を祈る日とされる7日、狭山市の市中央児童館で、子どもたちが七草がゆを食べて正月の風習を知る催しがあった。小学生ら約70人が季節の味を体験した。

 催しでは春の七草のほか、敷地内で育てたニンジン、ダイコン、コマツナも加…

この記事は有料記事です。

残り148文字(全文298文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 「コネクティングルーム」宿泊 安倍首相が和泉補佐官を注意

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 大阪・なんばのビル屋上で火災 朝の繁華街、一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです