メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子どもたちの伝言

学校現場をみつめて/130 令和の教育 教師が働きやすい環境を /四国

 令和2年が始まりました。今年は、東京オリンピック・パラリンピックが開催される記念すべき年ですが、課題も山積しており、先が見えない不安が漂っています。そうであったとしても、すばらしい年になることを期待しています。

 昨年を思い起こすと、自然災害が頻発し、多大な被害が日本列島を襲いました。また、政治の世界は混沌(こんとん)とし、国際情勢も不透明な情勢でした。それ以上に、教育の世界も問題だらけだったのです。

 各地で発生したいじめや体罰は深刻化し、教師間のいじめも社会問題化しました。また、わいせつ行為やセクハラなどの不祥事も頻発しました。その上、来年度実施予定の大学入学共通テストでは、英語の民間試験や国語と数学の記述式問題が見送られました。相次ぐ変更に教育現場や生徒は翻弄(ほんろう)されました。

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文847文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「緊急事態」期間は1カ月程度か 首都圏4都県、大阪、兵庫軸に

  2. 緊急事態宣言、発令後も自粛頼み 施設使用停止などに法的根拠 放送局ににらみも

  3. 千葉県で妊娠女性の感染確認 松戸ではヤマト運輸支店で感染拡大 新型コロナ

  4. タレントのゴリけんさん、新型コロナ感染

  5. 首相、緊急事態宣言へ 新型コロナ感染拡大受け 7日にも発令決断

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです