メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子どもたちの伝言

学校現場をみつめて/130 令和の教育 教師が働きやすい環境を /四国

 令和2年が始まりました。今年は、東京オリンピック・パラリンピックが開催される記念すべき年ですが、課題も山積しており、先が見えない不安が漂っています。そうであったとしても、すばらしい年になることを期待しています。

 昨年を思い起こすと、自然災害が頻発し、多大な被害が日本列島を襲いました。また、政治の世界は混沌(こんとん)とし、国際情勢も不透明な情勢でした。それ以上に、教育の世界も問題だらけだったのです。

 各地で発生したいじめや体罰は深刻化し、教師間のいじめも社会問題化しました。また、わいせつ行為やセクハラなどの不祥事も頻発しました。その上、来年度実施予定の大学入学共通テストでは、英語の民間試験や国語と数学の記述式問題が見送られました。相次ぐ変更に教育現場や生徒は翻弄(ほんろう)されました。

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文847文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

  5. なぜ手洗いは感染予防に効果的か 洋服にウイルスが付いたらどうする? 専門家に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです