メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

パリ協定始動、日本の針路は インタビュー 小泉進次郎・環境相

 地球温暖化の国際枠組み「パリ協定」が1月から本格始動した。「脱炭素」を目指した対策が急務だが、日本は石炭火力発電に依存したままで、昨年12月の国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)でも批判にさらされた。日本の対策を今後どう進めるのか。小泉進次郎環境相に針路を聞いた。

石炭火力批判受け、世論を喚起できた

――政府代表として参加したCOPの演説で、脱石炭の意思を示さなかったことが批判を浴びました。

この記事は有料記事です。

残り3101文字(全文3306文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  2. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  3. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  4. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  5. 女子高生死亡事故で男性に無罪 自転車「予見」に疑い 徳島地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです