メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

パリ協定始動、日本の針路は インタビュー 小泉進次郎・環境相

 地球温暖化の国際枠組み「パリ協定」が1月から本格始動した。「脱炭素」を目指した対策が急務だが、日本は石炭火力発電に依存したままで、昨年12月の国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)でも批判にさらされた。日本の対策を今後どう進めるのか。小泉進次郎環境相に針路を聞いた。

――政府代表として参加したCOPの演説で、脱石炭の意思を示さなかったことが批判を浴びました。

 日本の石炭火力発電=1=に対し、国際社会からこれだけ厳しい見方をされているんだということを国内に理解してもらえたのかと。国外と国内の認識のギャップを埋めなければ、これから前向きな気候変動対策の議論はできませんから。私は前向きに捉えています。そして、演説の一部を評価するのではなく、先進的な取り組みのPRをしたことも知ってほしいです。

この記事は有料記事です。

残り2951文字(全文3306文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 再選択2020~私の見方 東京一極集中は「けったくそ悪い」 漫才師・西川のりおさん 大阪都構想住民投票

  5. 毎日新聞に「嵐」の二宮さん iPhone広告で全国紙5紙に1人ずつ掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです