メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

ガラス越しに見えたもの ロンドン支局・横山三加子

 欧州連合(EU)からの離脱の是非が争点となった2019年12月の英国総選挙。候補者が地元の開票所に集まって結果を聞くのが習わしと知り、当日、ロンドン西部のボリス・ジョンソン首相の選挙区へ向かった。ところが、事前の申請をしていなかったため、開票所内での取材は断られた。

 「参ったな」。だが、開票所の体育館はガラス張り。待つ価値はありそうだと思い、迎えた午前3時半。与党・保守党を大勝利に導いたジョンソン氏が姿を見せた。ガラスに張り付くように…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文551文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです