メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米でIT見本市 トヨタ「つながる街」構想 ソニーは電気自動車

家電IT見本市CESの開幕前イベントで実験地区「ウーブン・シティ」の開発計画を発表するトヨタ自動車の豊田章男社長(左)と、都市設計を担当するデンマーク出身の著名建築家ビャルケ・インゲルス氏=米西部ラスベガスで2020年1月6日、中井正裕撮影

 世界最大の家電IT見本市「CES」が7日(日本時間8日未明)、米西部ラスベガスで始まる。開幕に先立ち出展内容を説明するイベントが現地で相次ぎ開かれ、トヨタ自動車は、あらゆるモノやサービスがインターネットでつながる実験地区「ウーブン・シティ」を静岡県裾野市に建設すると発表した。【ラスベガス中井正裕】

 ウーブンは「編まれた」を意味する。建設地はトヨタ自動車東日本の東富士工場跡地約70万平方メートルで、2021年の着工予定。従業員ら約2000人が生活する。開発中の自動運転電気自動車(EV)、イー・パレットを実際に走らせ、人工知能(AI)技術などを駆使した新たなサービスをテストする。

 発表会で壇上に立った豊田章男社長は「ゼロから街を造り上げ、AIなどの技術を実証することで、モノとサービスが情報でつながることの可能性を最大化できる」と述べ、世界の企業や研究者に向けて実験への参画を呼び掛けた。

この記事は有料記事です。

残り857文字(全文1254文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 04年政府文書「首相の任命拒否想定しない」 学術会議、現行の推薦方式導入時に

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

  5. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです