メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

聖火が走ったまち1964-2020

岐阜・岐阜市役所前 「大変なこと」高揚感

多くの市民の声援を受けながら、当時の岐阜市役所前を駆け抜ける聖火=岐阜市で1964年10月2日(岐阜市役所提供)

 1964年10月1日、聖火は三重県から岐阜県入りし、大垣市を経由して岐阜市へ。翌2日、県立長良高3年で陸上部主将だった遠山康男さん(73)は、旧県庁前で松野幸泰知事(当時)から聖火を受け取り、旧市役所前を駆け抜けた。

 沿道は大勢の市民で埋まり、庁舎の窓や屋上から見物する職員の姿があった。パトカーに先導されて走った1・4キロ。「…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文413文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 重症者440人 急速に状況悪化 病床使用率も全国的に上昇 医療崩壊懸念

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです