メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ・エコ

温暖化防ぐ「パリ協定」始動 どんなルールなの/「2度未満の上昇」その理由は=回答・大場あい

スタートしたパリ協定

 <くらしナビ・環境>

 地球温暖化対策の新しい国際ルール「パリ協定」が今月、スタートしました。大雨など温暖化の影響が指摘される深刻な気象災害が世界各地で頻発する中、各国は協定の下で何を目指し、どんな対策を進めていくのでしょうか。

どんなルールなの 全参加国が温室効果ガス削減

 なるほドリ パリ協定ってどんなルールなの?

 記者 二酸化炭素(CO2)など温室効果ガス排出を減らす目標を作ることと、温暖化対策を実施することをすべての国に義務づけた、国際的な取り決めです。2015年12月にフランス・パリで開催された国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)で採択されました。現在187の国・地域が参加していますが、このうち米国は19年11月に協定を抜ける手続きを始めました。

この記事は有料記事です。

残り1520文字(全文1859文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  2. 「それ誘拐かも?!」愛知県警、投稿者に警告 小中学生の神待ちツイート後絶たず

  3. クルーズ船の乗客2人死亡 新型コロナ感染確認の80代の男女

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 福岡市の60代男性が新型コロナ感染 九州で初確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです