連載

最後の一人まで

毎日新聞デジタルの「最後の一人まで」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

最後の一人まで

ボランティアは今/上 まず派遣、ニーズ探る 民間VC、社協要請待たず

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ボランティアの手配をする鈴木隆太さん(右)=佐賀県武雄市北方町で、田鍋公也撮影
ボランティアの手配をする鈴木隆太さん(右)=佐賀県武雄市北方町で、田鍋公也撮影

 「裏山を見せてもらってよかですか」。2019年12月上旬、佐賀県武雄市の集落に迫る山を登山靴の男性が歩き回っていた。4カ月前に起きた豪雨で土砂崩れが発生し、赤茶けた崖がむき出しになっている。再び崩壊する恐れがないか、気になる場所を一つ一つ点検していく。

 男性は「おもやいボランティアセンター(VC)」(武雄市)を運営する鈴木隆太さん(44)。「おもやい」は地元の方言で「一緒に」という意味だ。「最後の一人の復興まで見届けたい」。名古屋市出身の鈴木さんが、そう決意した原点は阪神大震災だ。

 予備校生だった1995年1月、阪神大震災が起きた。ボランティアをするため単身で被災地に向かい、3月からは神戸市内の小学校の避難所に泊まり込むようになった。当初は何をすればいいか分からなかったが、「一日一善やで」と年配の女性に声を掛けられ、まず被災者の横に座ることを心がけた。

この記事は有料記事です。

残り689文字(全文1071文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集