メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

維新、現金受領の下地議員を除名処分 議員辞職も勧告へ

下地幹郎氏=川田雅浩撮影

[PR]

 日本維新の会は8日、カジノを含む統合型リゾート(IR)を巡る汚職事件に関与したとされる中国企業顧問から現金100万円を受領した衆院議員の下地幹郎元郵政担当相(比例九州)について、離党届は受理せず、同日付で除名処分とした。現金受領が政治資金収支報告書に記載されておらず、最も重い除名処分が相当と判断した。議員辞職も勧告する。

 大阪市内で開かれた党紀委員会後に取材に応じた馬場伸幸幹事長は、「政治家の信頼を著しく損ねた。潔くバッジを外してほしい。最終決定は本人の判断だ」と辞職を求め、「二度とこういうことがないようにメンバーに教育を強めていきたい」と述べた。【芝村侑美】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 拳銃強奪事件 重傷の古瀬巡査が職場復帰 大阪・吹田

  5. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです