維新、現金受領の下地議員を除名処分 議員辞職も勧告へ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
下地幹郎氏=川田雅浩撮影
下地幹郎氏=川田雅浩撮影

 日本維新の会は8日、カジノを含む統合型リゾート(IR)を巡る汚職事件に関与したとされる中国企業顧問から現金100万円を受領した衆院議員の下地幹郎元郵政担当相(比例九州)について、離党届は受理せず、同日付で除名処分とした。現金受領が政治資金収支報告書に記載されておらず、最も重い除名処分が相当と判断し…

この記事は有料記事です。

残り134文字(全文284文字)

あわせて読みたい

注目の特集