メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東証、一時1カ月半ぶり2万3000円割れ 円は急騰、原油も高値水準

日経平均株価が下落し、600円以上の大幅な値下がりを示す株価ボード=東京都中央区で2020年1月8日午前10時37分、吉田航太撮影

[PR]

 8日の東京株式市場は、イラクにある米軍基地がイランからミサイルの攻撃を受けたとの報道を受け大幅に反落した。日経平均株価は一時、前日終値からの下げ幅が600円を超え、取引時間中としては2019年11月21日以来、約1カ月半ぶりに2万3000円を割り込んだ。午前の終値は前日終値比461円08銭安の2万3114円64銭。

 東京外国為替市場では安全資産とされる円が買われ、円相場は一時、前日午後5時比約70銭円高・ドル安の1ドル=107円60銭台まで急騰した。東京商品取引所の中東産原油先物価格は一時、19年5月末以来約7カ月ぶりに1キロリットル当たり4万5000円を超える高値を付けた。金先物価格は一時、前日比121円高の1グラム=5574円に上昇し、1982年3月の取引開始以来の最高値を更新した。【三上剛輝】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  2. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  3. パチンコで4人の子放置の疑い、両親逮捕 3カ月の三男は留守中に死亡 兵庫県警

  4. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです