メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米イラン緊迫にらみ露大統領がシリア、トルコ訪問 連携深め存在誇示か

シリアを訪問し、アサド大統領(右)と会談するロシアのプーチン大統領(中央)=ダマスカスで7日、AP

 イラン情勢の緊迫化を受け、ロシアのプーチン大統領は7~8日、シリアとトルコを相次いで訪問した。近年、中東で影響力を増しているロシアとしては、関係国と連携を取りながら米国とイランが本格的に衝突する事態を防ぐとともに、さらに存在感を増すことを狙っているとみられる。

 プーチン氏は7日にダマスカスで、支援してきたシリアのアサド大統領と会談。両国メディアによると、米軍がイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官を殺害したことを踏…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文520文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 炎の中から兄の叫び 阪神大震災 4児の母「つらいけど、忘れたくない」

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 6歳で亡くなった娘「もう一度夢に出てきて」 阪神大震災26年、遺族が思い

  4. 阪神大震災 命救う、今こそ 犠牲乳児抱いた中2の30分、看護師原点

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです