メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン・ミサイルの実力は? 高精度、中東・欧州南部射程 防御固める米軍

イランのファルス通信公式ツイッターが8日伝えた、ミサイルがイラクのアサド空軍基地に着弾したとみられる映像

 イランは8日、イラク国内の米軍が駐留する基地2カ所を弾道ミサイルで攻撃し、米国に対して反撃能力を保持していることを見せつけた。トランプ米政権は2018年5月、主要6カ国とイランが結んだ核合意から一方的に離脱した際、イランのミサイル開発が制限できていないことも理由に挙げたが、その懸念が現実となった形だ。

 イランのミサイル開発は、1980年に始まったイラン・イラク戦争がきっかけだ。ソ連が開発した弾道ミサイルを撃ち込んでくるイラクに対抗し、北朝鮮から短距離ミサイル「スカッド」を購入。その後も「ノドン」や「ムスダン」などを調達し、改良を加えながら開発を続けた。

この記事は有料記事です。

残り745文字(全文1025文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  3. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 北海道、22日だけで9人の感染確認 病院で接触した看護師も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです