メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン・ミサイルの実力は? 高精度、中東・欧州南部射程 防御固める米軍

イランのファルス通信公式ツイッターが8日伝えた、ミサイルがイラクのアサド空軍基地に着弾したとみられる映像

 イランは8日、イラク国内の米軍が駐留する基地2カ所を弾道ミサイルで攻撃し、米国に対して反撃能力を保持していることを見せつけた。トランプ米政権は2018年5月、主要6カ国とイランが結んだ核合意から一方的に離脱した際、イランのミサイル開発が制限できていないことも理由に挙げたが、その懸念が現実となった形だ。

 イランのミサイル開発は、1980年に始まったイラン・イラク戦争がきっかけだ。ソ連が開発した弾道ミサイルを撃ち込んでくるイラクに対抗し、北朝鮮から短距離ミサイル「スカッド」を購入。その後も「ノドン」や「ムスダン」などを調達し、改良を加えながら開発を続けた。

この記事は有料記事です。

残り745文字(全文1025文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. ORICON NEWS “カメラマン”深川麻衣「意識したのは声の掛け方」 メイキング写真が解禁

  3. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  4. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです