メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラク、外国軍に「犠牲なし」 イラン、ミサイル攻撃を「自衛権行使」と主張

 イランは8日未明、米軍などが駐留するイラクの基地2カ所を十数発の弾道ミサイルで攻撃した。イラン革命防衛隊は声明で、米軍によるコッズ部隊のソレイマニ司令官殺害への報復だとし、「米国がさらなる挑発行為を取れば、さらに激しい報復に直面する」と強調した。トランプ米大統領は8日午前(日本時間9日未明)に声明を発表する。

 イランが米軍に対する直接的な軍事攻撃に踏み切ったことで、今後も報復合戦が続く可能性は否定できない。一方で、米CNNテレビは国防総省が駐留米軍に犠牲者はないことを確認したと報道。「イランは、ミサイルが基地の米軍人のいる場所を直撃しないよう意図的に避けたとの見方が政府内で広がっている」というトランプ政権高官の話も伝えた。米軍はミサイル発射の早期警戒情報を入手し、米兵は防空壕(ごう)へ避難が可能だった…

この記事は有料記事です。

残り977文字(全文1333文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 重症者440人 急速に状況悪化 病床使用率も全国的に上昇 医療崩壊懸念

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです