メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

寄付した鈴木さんに「鈴木証明書」 ゆかりの屋敷復元へ寄付募る 和歌山

5000円以上の寄付でもらえる「鈴木サポーター証」(上)と「鈴木証明書」=和歌山県海南市役所で2019年12月20日、後藤奈緒撮影

 「鈴木」姓発祥の地とされる和歌山県海南市は、ゆかりの場所である国史跡「鈴木屋敷」を復元するため、2回目のクラウドファンディング(CF)を始めた。復元に向けた国からの補助金が減額されたためで、引き続き寄付を募ることにした。

 鈴木一族は熊野地方から平安末期に海南市に移り住んだとされる。藤白神社境内に一族が住んだ屋敷が朽ち果てた状態で残っている。境内の一部が国史跡「熊野参拝道」に指定されたことをきっかけに、神社や地元経済界、海南市などが屋敷の復興を計画した。

 総事業費は1億5000万円で6割を国と県、海南市が負担。残り6500万円が藤白神社の負担となるが、海南市は2019年、支援のために、CFなどで資金を集めた。

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文588文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 米、習主席の協調呼び掛けに応じず 対中強硬路線維持 同盟国と連携

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. 河村・名古屋市長「申し訳ない」 コロナ感染、自宅療養中の高齢者死亡で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです