メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「冬場に水風呂1時間」筑紫野・女児虐待で母らに猶予付き有罪判決 福岡地裁

裁判所=ゲッティ

 福岡県筑紫野市の自宅で、長女(当時8歳)の両手足を縛り水風呂に入れたなどとして、暴力行為等処罰法違反の罪に問われた母親(30)に対し、福岡地裁(岡崎忠之裁判長)は8日、懲役2年、保護観察付きの執行猶予4年、当時同居し内縁関係だった元ダンス講師、八尋潤被告(30)に対し懲役3年、保護観察付きの執行猶予5年の判決をそれぞれ言い渡した。求刑はいずれも懲役3年だった。

 公判で母親側は、長女が水風呂に入れられた際に「結束バンドで縛られたことは知らなかった」などとして起訴内容を一部否認していた。これに対し、判決は八尋被告が結束バンドで両手足を縛った際に母親はリビングにおり、縛る行為については共謀はなかったと認定した。

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文559文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇都宮のコンビニで女性刺され重体 店員か

  2. 国は我々の死を待っているのか 「黒い雨」訴訟原告 怒りと落胆

  3. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  4. 宇都宮のコンビニで45歳刺され死亡 刺した男は自分も刺し負傷

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです