メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飯綱高原スキー場、今季で閉鎖へ 長野五輪会場 運営事業者の応募なく

長野五輪モーグル女子で金メダルを獲得した里谷多英のエア=長野市の飯綱高原で1998年2月11日、山下浩一撮影

 1998年長野五輪の会場だった飯綱高原スキー場(長野市富田)が今季いっぱいで閉鎖する見通しになったことが7日、市への取材で明らかになった。同スキー場は民営化を目指し、昨年11~12月に運営者を公募していたが、応じた事業者が無かった。市は再公募をしないため、今季限りで55年の歴史に幕を閉じる。【島袋太輔】

 市観光振興課などによると、同スキー場は65(昭和40)年に開業。約60ヘクタールに10コース(計6740メートル)が整備されている。市街地から車で30分程度と最も近いスキー場として市民に親しまれてきた。営業開始から5年間は市直営だったが、その後は市開発公社に業務委託した。2006年に指定管理者制度が導入されても同公社が運営を担ってきた。

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文625文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 子供向けマスク 6日から販売 50回洗濯可 ミキハウス

  2. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  3. なぜ布製?どうして2枚? マスク配布に広がる疑問や戸惑い その効果は

  4. 百田氏も「なんやねん」 布製マスク配布に右派も反発?

  5. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです