メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風、温暖化で1割減速か 今世紀末に洪水増える恐れ 気象庁など研究

気象庁

[PR]

 地球温暖化が今のペースで進むと、日本周辺での台風の移動速度が今世紀末には現在より1割程度遅くなるとの予測を、気象庁気象研究所など日中韓の研究チームが8日、英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに発表した。台風が減速することによって暴風雨に見舞われる時間が長くなり、洪水や土砂災害などの被害が拡大する可能性がある。

 国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)などによると、効果的な温室効果ガス削減策が取られなかった場合、今世紀末には産業革命前から4度程度上昇すると予測されている。

 チームは、スーパーコンピューターを使ったシミュレーションで、現在の気候(1951~2010年)と4度上昇した場合の、台風の移動速度を比較。その結果、熱帯や亜熱帯では現在の移動速度とほとんど変わらなかったが、中緯度帯では現在より速度が約10%遅くなった。東京などを含む北緯35~40度では、現在は平均速度が時速35・68キロだが、31・66キロ程度になる。

 速度が遅くなるのは、温暖化によって大気の流れが変化し、日本上空の偏西風が北上して、台風を移動させる風が弱まるためと考えられるという。また、これまでの研究で、温暖化によって台風の発生数は減るものの、強い台風が増えたり降水量が増えたりするとも予測されている。

 山口宗彦・気象研究所主任研究官は「減速と降水量の増加の相乗効果で、台風が通過する地域の積算降水量が将来増大する可能性がある。防災に生かしてもらうために、地点ごとの移動速度の違いなど詳細な分析を進めたい」と話す。【大場あい】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  2. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  3. パチンコで4人の子放置の疑い、両親逮捕 3カ月の三男は留守中に死亡 兵庫県警

  4. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  5. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです