台風、温暖化で1割減速か 今世紀末に洪水増える恐れ 気象庁など研究

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
気象庁
気象庁

 地球温暖化が今のペースで進むと、日本周辺での台風の移動速度が今世紀末には現在より1割程度遅くなるとの予測を、気象庁気象研究所など日中韓の研究チームが8日、英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに発表した。台風が減速することによって暴風雨に見舞われる時間が長くなり、洪水や土砂災害などの被害が拡大する可能性がある。

 国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)などによると、効果的な温室効果ガス削減策が取られなかった場合、今世紀末には産業革命前から4度程度上昇すると予測されている。

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文661文字)

あわせて読みたい

注目の特集