特集

ゴーン被告逃亡

日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告が2019年にレバノンに逃亡。なぜ逃亡できたのか。今後の裁判の行方は。

特集一覧

ゴーン被告のパソコン、弁護団が受け渡し拒否「検察官の押収は違法」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
弁護士事務所を出るカルロス・ゴーン前会長(中央)。右は妻キャロルさん=東京都千代田区で2019年4月3日午後7時13分、長谷川直亮撮影
弁護士事務所を出るカルロス・ゴーン前会長(中央)。右は妻キャロルさん=東京都千代田区で2019年4月3日午後7時13分、長谷川直亮撮影

 日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(65)が保釈中にレバノンに逃亡した事件で、東京地検は8日、前会長が使っていたパソコンを令状に基づいて押収するため、前会長の弁護人、弘中惇一郎弁護士の東京都千代田区にある事務所を訪れたが、弁護団は拒否した。

 刑事訴訟法は、弁護士が業務上委託を受けて保管している…

この記事は有料記事です。

残り177文字(全文327文字)

【ゴーン被告逃亡】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集