メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2020に懸ける

「自分の柔道が100%できれば、絶対に負けない」 柔道女子・阿部詩

インタビューに答える阿部詩=東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで2020年1月7日午後1時37分、松本晃撮影

 お家芸の柔道の中でも世界選手権で女子52キロ級を2連覇し、東京五輪金メダルを狙う阿部詩(19)=日体大。7日、味の素ナショナルトレーニングセンターで行われた女子日本代表の年始合宿で、はつらつとした動きを見せた。五輪イヤーを迎え、表情から期待を背負う覚悟が伝わる。

 「2020年になって、やっと東京五輪が近づいてきた。目指すところはずっと一緒でやってきた。その気持ちを誰よりも強く持つことが大切。本当にやるしかない。五輪で優勝しかない」

 世界女王として迎えた19年11月のグランドスラム大阪決勝。優勝すれば五輪代表が決まる可能性が高かったが、18年世界選手権3位のアマンディーヌ・ブシャール(フランス)に敗れた。追われる立場の重圧を味わったが、気持ちは切り替わっている。

 「自分から攻められなくて、パニックになった。冷静になることができなくて投げられた。試合中は冷静に戦うべきだと改めて分かった。まだまだ足りない部分がある、伸ばせるところがあると前向きにとらえたい」

 7日の練習では日本ブラジリアン柔術連盟の中井祐樹会長(49)から寝技や関節技を学んだ。18年から原則、技によるポイント以外では決着が…

この記事は有料記事です。

残り538文字(全文1038文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

  2. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. ORICON NEWS 吉川ひなの、第3子妊娠を報告「5人家族になることになりました!」

  5. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです