メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2020に懸ける

「勝つだけではダメ」世界新で「金」宣言 お家芸引っ張る平泳ぎ・渡辺一平

海外のライバルを意識し練習に励む渡辺一平=埼玉県所沢市で、2020年1月8日午前8時20分、村上正撮影

 強度の高いメニューを次々とこなす。ゴーグルで目元は隠れているものの表情は苦しそうで、練習の激しさを物語る。競泳男子200メートル平泳ぎで世界選手権2大会連続銅メダルの渡辺一平(22)=トヨタ自動車=が8日、母校の早大所沢キャンパスで練習を公開した。「思い描くのは(前人未到の)2分5秒台で金メダル」。日本のお家芸を引っ張る覚悟をにじませる。

 「昨年末から自分の中で、東京五輪は始まっている。冬場にどれだけ追い込めるかが結果に直結する。練習ではびっくりするようなタイムで泳げている。4月の(代表選考を兼ねた)日本選手権で海外のライバルにプレッシャーを与えるタイムを出したい」

この記事は有料記事です。

残り788文字(全文1075文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もっと受け入れろ」と苦情も コロナ患者受け入れホテルはいま

  2. 五輪やりとりなし 「ヨシ」「ジョー」と呼び合うこと確認 日米首脳電話協議

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 3次補正予算成立も厳しさ増す政権運営 進む「菅離れ」 五輪、給付金…判断難しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです