メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日芸術賞の人々

/3 草笛光子さん/佐藤俊介さん

 ◆草笛光子さん 演劇・邦舞・演芸部門 舞台「ドライビング・ミス・デイジー」のデイジー・ワーサンの演技

長距離ランナーの気分

 受賞対象となった作品は、米南部を舞台に黒人運転手のホークとユダヤ人女性のデイジーの25年にわたる心の交流を描いた物語。1985年に書かれた戯曲で米国などで上演されたほか、映画にもなった。昨夏、東京、仙台、名古屋で上演され、72歳から97歳まで、デイジーの老いの深まりを細やかに表現した。

 出演のきっかけは、ホーク役の市村正親さんからの電話だった。「『ドライビング・ミス・デイジーって知っ…

この記事は有料記事です。

残り2377文字(全文2632文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  3. 大津・園児死傷事故 判決延期 弁護側、争う姿勢

  4. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  5. 「嘘ばかり。絶対許せない」 園児死傷事故、突然の判決延期に憤る家族

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです