メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

菊五郎ら「菊一座令和仇討」 鶴屋南北作品の復活

 歌舞伎狂言ではおなじみの笹野権三と白井権八が活躍する四世鶴屋南北の奇想天外な作品を復活した「菊一座令和仇討」が、尾上菊五郎を中心とした座組みにより、27日まで東京・国立劇場大劇場で上演中だ。

 原題は「御国入曽我中村」。初演は文政8(1825)年。入り組んだ原作に国立劇場文芸研究会が手を入れ、菊五郎監修で、わかりやすく筋を通した。

 鎌倉時代。大江家の家宝が紛失する。その悪事に重臣である養父が加担していると知った権三(尾上松緑)と…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文600文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  3. 大津・園児死傷事故 判決延期 弁護側、争う姿勢

  4. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  5. 「嘘ばかり。絶対許せない」 園児死傷事故、突然の判決延期に憤る家族

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです