メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ダンスで紡ぐ成長物語 「パリのアメリカ人」石橋杏実、岡村美南

劇団四季のミュージカル「パリのアメリカ人」に出演する石橋杏実(左)と岡村美南=大阪市北区で、梅田麻衣子撮影

 劇団四季の新作ミュージカル「パリのアメリカ人」の京都公演が2月22日、JR京都駅ビル内の京都劇場で幕を開ける。ガーシュウィン兄弟の名曲とバレエを基調とした多彩なダンスで、第二次世界大戦直後のパリで暮らす若者たちの姿を描く。

 1951年公開の同名映画を基に、ドラマ性、芸術性を高めて2014年にパリで初演。四季版は19年1月から、東京、横浜、名古屋で上演を重ねてきた。英国ロイヤル・バレエ団の振り付けなどを手がけるクリストファー・ウィールドンが演出・振り付けを担い、バレエに加え、ジャズやタップ、コンテンポラリーなど、さまざまなダンスの要素が盛り込まれている。

 ヒロインのリズを演じる石橋杏実は「ダンスだけで物語が進むシーンがあり、心情の変化など表現力がすごく求められる」と語る。物語の鍵を握るマイロ役の岡村美南も「ダンスから言葉が聞こえてくるような振り付け」と評する。

この記事は有料記事です。

残り614文字(全文999文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 槙原敬之容疑者「18年以降はやっていない」 覚醒剤所持容疑 パイプ唾液DNA一致

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 路上喫煙注意され鉄パイプで襲撃 親子を殺人未遂容疑で逮捕 大阪・吹田

  4. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  5. 都内の40代男性会社員、新型肺炎重症化 発熱後の2月10日に新幹線で愛知県に出張

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです