メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企業や公的機関、障害者雇用低迷 昨年まとめ /栃木

 県内の民間企業の障害者雇用率が2年連続で全国43位と低迷している。栃木労働局によると、雇用数4539・5人、雇用率2・07%と伸びているものの、法定雇用率(2・2%)に満たないまま。障害者雇用を推進すべき公的機関でも、市町の教育委員会で法定雇用率(2・5%)の半分未満の0・97%にとどまるなど遅れている。

 2019年6月1日現在の雇用状況を栃木労働局がまとめた。労働局によると、民間の雇用率は12年から8年連続で伸び、過去最高に。ただ0・01ポイント上回った17年以外、全国平均(19年は2・11%)を下回り続け、全国順位も18年から続けて43位と沈んでいる。

この記事は有料記事です。

残り154文字(全文436文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 「まさか栃木で」小6女児保護、大阪の住民ら驚き「よく頑張った」

  4. どうやって予防するの?妊娠している人への影響は?…新型肺炎、その心構え

  5. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです