メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企業や公的機関、障害者雇用低迷 昨年まとめ /栃木

 県内の民間企業の障害者雇用率が2年連続で全国43位と低迷している。栃木労働局によると、雇用数4539・5人、雇用率2・07%と伸びているものの、法定雇用率(2・2%)に満たないまま。障害者雇用を推進すべき公的機関でも、市町の教育委員会で法定雇用率(2・5%)の半分未満の0・97%にとどまるなど遅れている。

 2019年6月1日現在の雇用状況を栃木労働局がまとめた。労働局によると、民間の雇用率は12年から8年連続で伸び、過去最高に。ただ0・01ポイント上回った17年以外、全国平均(19年は2・11%)を下回り続け、全国順位も18年から続けて43位と沈んでいる。

この記事は有料記事です。

残り154文字(全文436文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オウム死刑執行 「本当の真実なくなった」河野義行さん

  2. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  4. 相模原殺傷事件 植松被告、控訴取り下げへ 「死を受け入れているわけではない」

  5. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです