メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜城「天守台石垣」 発見時、関係者大騒ぎ 今後も調査継続 /岐阜

江戸時代制作の「稲葉城趾之図」(伊奈波神社蔵)に描かれた岐阜城(稲葉城)の「天守台」(中央)

 国史跡・岐阜城(岐阜市)の山上部に建つ現天守閣西側で、織田信長が城主だった時代(1567~75年)に築いた、国内最古の可能性もある「天守台石垣」が見つかった意義を、市関係者は7日の記者会見で強調した。今後も周辺を発掘し、歴史に迫るという。

 市教委の内堀信雄社会教育課長によると、今回の発掘ではまず、斜めに斜面に刺さるような石を発見。「天守台の隅の石では」と大騒…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文454文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無銭飲食、中洲のVIPルームでドンペリなど110万円 39歳容疑者逮捕

  2. 人気ラーメン店にピエロ覆面空き巣 埼玉「ジャンクガレッジ」、4容疑者逮捕

  3. 民主活動家・周庭氏保釈される 黄之鋒氏らが出迎え 香港警察が10日に逮捕

  4. 保釈の周庭氏、欅坂46「不協和音」脳裏に 「これからどんどんつらくなるかも」

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです