メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コレ推し!

島根 石見畳ケ浦 島根県浜田市 悠久の時が造った“世界”  「ノジュール」「馬の背」…不思議な岩 /中国

夕焼けに染まる石見畳ケ浦=島根県浜田市国分町で、竹内之浩撮影

 荒波に削られて切り立った高さ25メートルの「海食崖」を貫くトンネルを抜けると、目の前に広がるのは長い時が造り出した不思議な岩の世界。島根県浜田市国分町にある国天然記念物の石見畳ケ浦(いわみたたみがうら)。1932年に指定され、多くの地学現象が見られる「天然の博物館」だ。【竹内之浩】

 畳ケ浦は約1600万年前の砂岩層の浅い海底が地殻や海水面の変動で水面近くに現れ、波による浸食で水平に削られた「波食棚」で広さ約4・9ヘクタール。「節理」という亀裂が縦横に走り、畳を敷き詰めたように見えるため「千畳敷」と呼ばれる。

 その上に並ぶのが「ノジュール(団塊)」と呼ばれる高さ30~40センチ、直径50センチ前後の腰掛け状の丸い岩。海に向かって11列あり、畳ケ浦を代表する景観だ。貝の化石から出る炭酸カルシウムなどが砂岩を固くし、周囲が波に浸食されて残った。

この記事は有料記事です。

残り570文字(全文945文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 「楽しみあい、渡しあう家族」主演ニノが語る映画「浅田家!」 10月2日公開

  4. 不仲の夫の食事に洗剤 暴行容疑で妻を書類送検 神奈川県警

  5. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです