メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

児童手当拡充で貧困率低減を=松本伊智朗・北大教育学研究院教授

 子どもの貧困対策推進法と、指標やその改善のための施策を定めた子供の貧困対策大綱が、昨年改正された。いくつかの前進がある。

 法の目的に子どもの権利が入り、子どもの「将来」に加え「現在」が明記された。貧困状態の子どもに限らず、すべての子どもが対象になった。すなわち「いま」生きる存在として子どもを捉え、「将来の貧困の防止」のみならず、子どもの権利の観点からすべての子どもの「いまを守る」ことの重要性が確認された。こうした理念は実際の施策を評価し、今後のあり方を構想する鍵になる。

 都道府県に加えて、市町村も子どもの貧困対策の計画策定が努力義務とされた。ひとつの危惧は、調査と計画…

この記事は有料記事です。

残り985文字(全文1273文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 岐阜中3自殺 市教委いじめ認め謝罪「寄り添えていなかった」

  4. 「金払う、サンドバッグ、土下座--から選択」いじめ34件を認定 岐阜の中3転落死

  5. 「名簿廃棄記録のログは廃棄しておりません」「調査はしません」 「桜」17日野党ヒアリング詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです