メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン、反撃能力を誇示 中東の米軍基地、射程圏

 イランは8日、イラク国内の米軍が駐留する基地2カ所を弾道ミサイルで攻撃し、米国に対して反撃能力を保持していることを見せつけた。トランプ米政権は2018年5月、主要6カ国とイランが結んだ核合意から一方的に離脱した際、イランのミサイル開発が制限できていないことも理由に挙げたが、その懸念が現実となった形だ。【会川晴之】

 イランのミサイル開発は、1980年に始まったイラン・イラク戦争がきっかけだ。ソ連が開発した弾道ミサイルを撃ち込んでくるイラクに対抗し、北朝鮮から短距離ミサイル「スカッド」を購入。その後も「ノドン」や「ムスダン」などを調達し、改良を加えながら開発を続けた。

この記事は有料記事です。

残り736文字(全文1022文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 阪神大震災 命救う、今こそ 犠牲乳児抱いた中2の30分、看護師原点

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. 6歳で亡くなった娘「もう一度夢に出てきて」 阪神大震災26年、遺族が思い

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです