メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第11部 プロ野球 パ・リーグ/14 OB会、はかなく散り

近鉄OBによる最後の活動となった親睦会=大阪市で2019年1月12日

 近鉄バファローズの匂いを残すものがまた一つ消えた。2019年1月12日、大阪市内で開かれたOBによる親睦会で、OB会長の鈴木啓示(72)は「寂しいけど終わろう」と活動の終了を告げた。最後と見越し、63人と参加者は近年では多かったが、年々参加人数が先細りしている現実があった。

 04年にオリックス・ブルーウェーブと合併してからもOB会の活動は続いていた。しかし、必然的に新たな加入者は途絶え、会員が増える見込みはなくなった。現役選手は巨人の岩隈久志(38)、ともにヤクルトの近藤一樹(36)、坂口智隆(35)の3人だけ。連絡が取れない会員も増えた。

 鈴木は副会長の梨田昌孝(66)らと事前に話し合い、会の終了を決断した。近鉄本社から数十万円ながら援助を受けていたが、次第に、手続きにいった者が「また来るのか」という雰囲気を感じるようにもなっていた。「4、5年前からやめようという意見はあった。近鉄は私の実家。自分の墓だと思っていたOB会も終わってしまった」と寂しさを募らせる。

この記事は有料記事です。

残り707文字(全文1145文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. ORICON NEWS “カメラマン”深川麻衣「意識したのは声の掛け方」 メイキング写真が解禁

  3. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  4. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです