メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

窪美澄さん=「トリニティ」で第36回織田作之助賞

窪美澄さん

窪美澄(くぼ・みすみ)さん(54)

 吉報を受けたのは、東京・銀座の喫茶店。「その時食べたショートケーキがめちゃめちゃおいしかったです」。喜びの味わいをかみしめる。

 受賞作は1960年代、出版社で出会った女性3人を巡る物語。雑誌文化が花開き女性の社会進出が本格化していった時代を描写し、イラストレーターの朔、ライターの登紀子に加え、専業主婦の鈴子が登場する。「高度経済成長を支えたのは企業戦士の男性だけでなく、家庭を守っていた女性でもあったことを書き留めておきたかった」

 働く女性の華々しい活躍の一方、そこに生まれる影も描かれる。仕事の行き詰まりや家庭の不和。「女性が抱…

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文680文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深海ザメ「ラブカ」捕獲後に死す 生態不明、標本にして研究へ 和歌山・串本 

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  4. レオパレス、全取締役解任要求に反対 大株主は事業売却迫る

  5. 伊方原発、運転差し止め 広島高裁仮処分 地裁支部決定を取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです