メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーマインド

「日本サッカー」世界に示せ=柱谷幸一

 いよいよ、東京五輪の年となった。開幕まで200日を切った。開催国として出場する日本は、U23(23歳以下)代表の男子、年齢制限のないA代表の女子ともに、メダル獲得が目標だ。選手は代表に選ばれるために日々のリーグ戦を懸命に戦うだろうし、監督以下、代表チームのスタッフは強化試合を通して、選手選考や戦術などのチーム作りに忙しくなる。残された時間は多くない。

 男子がメダルを取れば、1968年メキシコ五輪における銅メダル以来、52年ぶり。日本開催も相まって、森保一監督には相当なプレッシャーがかかるはず。しかし、日本のみならず世界が注目する大会だからこそ、結果とともにサッカーの内容も大切にしてほしい。今後の日本代表にとっては羅針盤となり、世界に向けては「これぞ日本サッカー」という特色を示す。そんな戦い方を期待したい。

この記事は有料記事です。

残り542文字(全文900文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クックパッドニュース 一生使える!レストランシェフが作った「ゆで卵の時間表」が超絶便利

  2. 駿河湾に1メートル超の深海魚 「ヨコヅナイワシ」と命名 海洋機構ら研究チーム

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

  5. 衆院広島3区自民候補はなぜ決まらないのか 二階氏がある「範囲」で聞く地元の意向

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです