メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「5G普及元年」はAR・VRグラスに注目 家電IT見本市「CES」

7日開幕した世界最大の家電IT見本市「CES」。次世代通信規格「5G」の普及を見据えた機器・サービスの出展が目立った=米西部ラスベガスで7日、中井正裕撮影

 世界最大の家電IT見本市「CES」が7日、米西部ラスベガスで開幕した。2020年は高速大容量の次世代通信規格「5G」のサービスエリアや対応機器が世界的に拡大する。5G関連の製品やサービスが数多く出展される中、主戦場の一つになりそうな「仮想現実」(VR)と「拡張現実」(AR)に注目して取材した。【ラスベガス中井正裕】

 VRは立体的な映像や音響を駆使し、仮想世界をあたかも現実世界のように体験できる技術。一方、ARは現実世界と映像などを重ね合わせる技術で、世界的な人気ゲームアプリ「ポケモンGO(ゴー)」でも採用されている。両技術とも迫真性や没入感を高めるには大量の映像、音響データが必要なため、5G時代に関連技術やサービスが一段と進化、普及することが見込まれている。

この記事は有料記事です。

残り1062文字(全文1396文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. 連日200人超は第2波か 保健所「手いっぱいだ」 病院「もう少し先か」

  4. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  5. 沖縄、複数の米軍基地で数十人の新規感染 大規模クラスターの可能性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです