メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゴーン被告をレバノン人はどう見る ゆかりの地「興味ない」「大統領になって」

カルロス・ゴーン被告の記者会見が生中継された時刻、祖父の故郷にあるパン屋のテレビはドラマにチャンネルを合わせた=レバノン北部アジャルトゥンで2020年1月8日午後3時半ごろ、久野華代撮影

 日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(65)が8日に逃亡先のレバノンの首都ベイルートで開いた記者会見は、地元テレビ局により生中継された。レバノン北部のゴーン前会長ゆかりの町を訪ねると「興味はない」と話す人もおり、本人への評価も割れていた。

 ベイルート東方の山間部の町アジャルトゥン。ゴーン前会長の祖父の故郷だ。中心部の商店では誰も中継を見ておらず、歌番組や情報番組にチャンネルを合わせていた。

 食料品店のワシムさん(43)は、「村がゴーン家に関係することは今回の報道で初めて知った。村に彼が訪ねてきたという話は聞いたことがない。日本からレバノンに逃げてきたくらいだから悪事を働いたのだろう」と、冷めていた。

この記事は有料記事です。

残り668文字(全文973文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDIも携帯割安プラン導入 20ギガ4000円弱で調整 月内に公表

  2. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  3. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  4. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  5. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです