メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国、南太平洋の島国キリバスを厚遇 台湾と断交で 総統選にらみ揺さぶり

太平洋の島国キリバス

 中国政府が4~11日の日程で訪中している南太平洋の島国キリバスのマーマウ大統領を厚遇している。キリバスは2019年9月に台湾と断交し、中国と国交を結んだ。11日の台湾総統選投開票を前に、再選を目指す蔡英文総統に揺さぶりをかける狙いがあるとみられる。

 中国外務省によると、マーマウ氏は6日に北京で習近平国家主席と会談。習氏は、キリバスが台湾と断交したことを「歴史の正しい側に立った」と称賛。「中国は他…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文500文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです