北村滋氏がトランプ氏と短時間面会 日米韓の国家安保担当補佐官が会談

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
北村滋氏
北村滋氏

 米国を訪問中の北村滋国家安全保障局長は8日(現地時間)、韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)大統領府国家安保室長と共にトランプ米大統領と短時間面会した。米大統領が閣僚でもない外国当局者と面会するのは異例。安倍晋三首相の信頼が厚いとされる北村氏を厚遇した可能性がある。ホワイトハウスの声明によると、トランプ氏は日韓両国を「インド太平洋地域において最も関係の深い同盟国」とし、協力と連携に謝意を示した。

 8日には北村氏と鄭氏、米国のオブライエン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)による安保担当補佐官の3者会談があり、米国とイラン双方による軍事行動について意見交換したほか、北朝鮮の核・ミサイル問題に対応するための日米韓協力の重要性を確認した。

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文620文字)

あわせて読みたい

注目の特集