メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アスベスト工事、一般住宅も事前届け出義務化へ 20年度から規制強化

厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影

 厚生労働省はアスベスト(石綿)の飛散に伴う健康被害を防ぐため、石綿の使用の有無にかかわらず、一般住宅を含む建物の解体・改修工事の事前届け出を業者に義務付けるなど2020年度から規制を強化する方針を固めた。労働安全衛生法の省令を改正し、実施する。

 労働安全衛生法に基づく石綿障害予防規則では、業者には工事前に石綿の使用状況を調べる義務があるものの、労働基準監督署への届け出は、石綿を直接吹き付けた建材を使うなど飛散しやすい建物(ビルや工場など)の工事に限っている。だが、調査が不十分で石綿が…

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文614文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  2. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  3. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  4. 「ヤンキー先生」三輪光教諭ら3人、体罰で自宅待機に 兵庫・飾磨工高柔道部

  5. ORICON NEWS 『翔んで埼玉』監督が暴露「冗談で企画出したら通った」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです